無印良品の工具箱で裁縫道具がすっきり!

『中身を見直し、コンパクトな収納に変更しました』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今日は無印用品のスチール工具箱を使って、裁縫道具を整理してみました。

 

【使いにくいと感じた時が見直しのチャンスです!!】

今まで使用していたのは、中棚が二つあるタイプの道具箱。
フタが透明で中身が見やすく仕切りもあり、たくさん入って使いやすそうと思い購入しましたが、最近はボタンつけくらいしか使わず^^;

大きい道具箱は取り出しにくいうえ、使うときに場所をとるので、「使いにくいなぁ・・・」と思うようになりました。

使いにくいと感じた時が収納を見直すチャンス!!

必要なものを選びだし、コンパクトな裁縫道具に変更することにしました。

無印スチール工具箱:裁縫セット(Before).jpg▲改善前の裁縫道具

 

【収納の見直しの基本は、全部出すこと】

まずは裁縫道具が入っている道具箱の中身を全部出し、何が入っているか確認しました。

10年以上一度も使ったことがない糸が6個。
10年以上一度も使ったことのない針が20本以上。
10年以上一度も使ったことのないちゃこぺんが2本。
10年以上…他にもいろいろありました(笑)

いつも同じものばかり使っていることに気付きました。

収納を考える前に、使っているものを中心に必要なものだけを選び残すことにしました。

 

【糸の収納はSDカードケースに】

ボタンつけ用に持っていたカラー糸はSDカードケースに収納しました。

100円SDカードケース0:裁縫セット.jpg▲購入したSDカードケース

100円SDカードケース1:裁縫セット.jpg▲中の仕切りをはずして使いました。
簡単に取り外せます。

100円SDカードケース2:裁縫セット.jpg▲カラー糸を入れてみたらピッタリ!!

 

【コンパクトな収納になりました】

必要なものだけを残したので全体量が減り、見直し前に比べて半分以下の大きさになりました。

この状態をキープしたいと思い、丈夫で長く使える「無印良品のスチール工具箱」に裁縫道具を収納しました。

無印スチール工具箱1:裁縫セット.jpg▲ボタンつけ程度ならこの工具箱(約幅20×奥行11×高さ6cm)だけで十分です。

%e7%84%a1%e5%8d%b0%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%b7%a5%e5%85%b7%e7%ae%b1%ef%bc%92%ef%bc%9a%e8%a3%81%e7%b8%ab%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88▲IKEAのバリエラボックス(24×17cm)に工具箱、裁ちばさみ、アイロンネームテープなどを入れています。

取り出しやすくなったうえ、作業するときも使いやすいコンパクトな収納になり大満足(*^_^*)

今日は無印良品のスチール工具箱で、裁縫道具がすっきりしました。

 

《今回の購入アイテム》
スチール工具箱1(無印良品) 1個1,200円
SDカードケース(キャンドゥ) 1個108円
※商品金額は、2017年3月現在のネットストアの金額です。