無印良品のカードボックスで爪楊枝がすっきり!

『ケースを替えて、蓋が閉めやすくなりました(*^_^*)』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今日は爪楊枝を無印用品のポリプロピレンカードボックスに詰め替えてみました。

【詰め替えようと思った理由】

食後に使ったり、食材の中に火が通ったか確認するために使用する爪楊枝。
わが家では、子どもが工作で使ったり、細かい溝の掃除に使うこともあります。

「購入した時の容器は、やわらかくてフタが閉めにくい」と思いつつ、そのまま使い続けてきました。
竹串も爪楊枝同様にストレスを感じながら使っていました。

忙しい食事中や料理中、掃除中でもぱっと取り出しやすく簡単にフタが閉められるよう、無印良品のボックスに詰め替えることにしました。

無印ペン・カードボックス:竹串つまようじ1.jpg▲購入した時の容器はつぶれてうまく閉まらず、イライラすることも(>_<)

【爪楊枝は「ポリプロピレンカードボックス」へ。竹串は「ポリプロピレンペンボックス」へ】

%e7%84%a1%e5%8d%b0%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%91-2▲無印良品の「ポリプロピレンカードボックス」と「ポリプロピレンペンボックス」を用意しました。

わが家の竹串は15cmだったので、「ポリプロピレンペンボックス」がピッタリ!!
※スーパーや100円ショップなどで販売されている竹串の多くが15cmか18cmです。

無印ペン・カードボックス:竹串つまようじ2.jpg▲爪楊枝や竹串の他に、料理用ピックのケースも揃えてみました。
(キレイに拭いてから使用しています)

無印ペン・カードボックス:竹串つまようじ3.jpg▲何が入っているか一目で分かるよう、ラベルを貼っています。
※爪楊枝は子どもでも分かるようひらがなでラベルを作りました。

無印ペン・カードボックス:竹串つまようじ5.jpg▲フタができるので、衛生的で安心です。

【同じシリーズの「ポリプロピレン小物ボックス」も購入しました】

無印小物ボックス2.jpg▲小物ボックスにはクリップなどの文具やアクセサリーを収納してみました。

小物ボックスのみ白色以外も販売されているので、中に入れたものに合わせフタの色を変更できます(^^♪

【お弁当用ピックの収納方法】

余談ですが・・・
お弁当用ピックは娘が小学生になり使用頻度が少なくなったのを機に、100円ショップで購入した仕切り付きケースに入る分だけに厳選し、おかずカップとひとまとめにしました。

お弁当ピック収納1.jpg▲仕切りが外せるので、ピックの長さに合わせて収納できます。

お弁当ピック収納2.jpg▲ケースを広げたところ。何があるか一目瞭然です(*^_^*)

今日は無印良品のカードボックスで、爪楊枝がすっきりしました。

《今回の購入アイテム》
ポリプロピレンカードボックス(無印良品) 1個150円
ポリプロピレンペンボックス(無印良品) 1個150円
ポリプロピレン小物ボックス(無印良品) 1個60円
※商品金額は、2017年2月現在のネットストアの金額です。