無印良品の扉につけるフックでドレッサーがすっきり!

『扉につけるフックで翌日の準備がラクになります』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今回は、無印良品の「扉につけるフック」をドレッサーにつけてみました。

忘れがちな腕時計を毎日つけるためには、いつも同じ場所に置いておくことが大切です。
そして、動線を考えて置く場所を決めることが重要です。

私の場合は、帰宅後、出かける前のどちらもドレッサーの前を通っているため、ドレッサーに腕時計の置場を作ることにしました。

扉につけるフック1
▲慌ただしい朝の短い時間、身支度が簡単です。

扉につけるフック2
▲扉に挟んで取り付けるS字フック。ステンレス製でシンプルです。

上下のサイズが違うので、扉の幅に合わせて使えます。

扉につけるフック3
▲22mm未満の扉には細い方を、22mm以上27mm以下の扉には太い方を使います。

「扉につけるフック」をクローゼットのドアに取りつけ、翌日着る服やバッグの一時置き場にしても便利です。

シンプルで安定感がよく、扉の幅に合わせて使えるので重宝しているアイテムです。

今回は無印良品の扉につけるフックを使って、腕時計をすっきり収納できました。

《今回の活用アイテム》
扉につけるフック (無印良品) 1個200円
※無印良品の商品金額は、2015年6月現在のネットストアの金額です。