100円ショップのシューズハンガーで下駄箱がすっきり!

『フラットシューズ・ビーチサンダルやスリッパを専用ハンガーにかけて取り出しやすい収納に!』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今日は、100円ショップのシューズハンガーを使って、下駄箱の中を整理してみました。

これからの季節、履く機会の多いサンダルやビーチサンダル。
選びやすく取り出しやすいよう、シューズハンガーにかけてみました。

靴を乾かすために販売されているシューズハンガーは通気性が良く、靴の湿気対策にもなります。

100円シューズハンガー1
▲色はグリーンとナチュラル(白)の2種類。

100円シューズハンガー2
▲突っ張り棒とシューズハンガーを使ってサンダル類を収納しました。

100円シューズハンガー3
▲子どものビーチサンダルもかけられます。

100円シューズハンガー4
▲来客用のスリッパを収納しても(*^^*)

フックが回転するので、ハンガーの向きを変えて隙間に収納することもできます。

100円シューズハンガー5
▲突っ張り棒を2本にして、奥にも収納しました。

オフシーズンも、サンダルをシューズハンガーにかけてしまっておけば、型くずれを防ぎ、良い状態で次のシーズンを迎えられます。

洗ったサンダルをシューズハンガーにかけて外に干し、乾いたらそのまま下駄箱の突っ張り棒にかければ良いので、手間が省けて便利です。

シューズハンガーは通気性が良く、ぺたんこ靴やサンダルをたくさん収納できるので、下駄場内の靴を整理するのに活躍するアイテムです。

今日は100円ショップのシューズハンガーを使って、下駄箱がすっきりしました。

《今回の活用アイテム》
シューズハンガー (セリア) 1個108円
突っ張り棒 (セリア) 1本108円