マスキングテープでラベルがすっきり!

『持ち主ごとにラベルの色を分けて、分かりやすい収納に!』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今回は、マスキングテープを使って、ラベルの色分け表示をおこないました。

わが家では、検索性を高めるためのラベル表示に加え、持ち主が分かるようマスキングテープで色分けも行なっています。
主人は緑、私は紫、娘はピンクと家族カラーを決めてプラスチック収納ケースに表示しています。
同じプラスチック収納ケースをスタッキングして使用しているのですが、マスキングテープを使って家族カラーのラベルを貼っているので、子どもでも自分のケースがどれなのか分かり簡単に出し入れできます。
洗濯後のたたんだ服を収納するときも、ぱっと見ただけでどこにしまえば良いのか分かるので、忙しい毎日の時間短縮にもつながります。

マスキングテープ:ラベル1
▲マスキングテープの上に透明のラベルを貼っています。

マスキングテープ:ラベル2
▲持ち主が一目瞭然!

マスキングテープ:シューズボックス
▲引っ越し前のわが家の玄関。

以前住んでいた家には備え付けの下駄箱がなかったので、靴を一足ずつ専用のケースに入れてオープン棚に収納していました。
靴の種類・色、子ども用にはサイズも記入したラベルを箱に貼ることで、箱を開けることなく検索できます。
マスキングテープによる色分け・ラベル表示により、どの箱(場所)にしまえば良いのかすぐ分かるので、家族が自然と靴を戻すようになりました。

マスキングテープ:シューズボックス2
▲箱の上部にマスキングテープを貼り色分けしています。

ラベルの色分け表示はおもちゃ収納でも大活躍です。
子どもは文字を読むより先に、色を見て何が入っているのか覚えます。
「ぬいぐるみ」「ブロック」「おままごと」「絵本」など、色を分けて表示すれば、子どもがおもちゃをどこに戻せば良いのか分かりやすくなります。

今回はマスキングテープを使って、ラベルがすっきりしました。

《今回の活用アイテム》
マスキングテープ ※今回はわが家のものを利用
ポリプロピレン衣装ケース引出式・大(無印良品) 1個1,500円
シューズケース(無印良品) ※今回はわが家のものを利用