無印良品のファイルボックスで食器棚がすっきり!

『大皿もファイルボックスを使えば取り出しやすく立てて収納できます。』

整理収納アドバイザー清水幸子です。

今回は、無印良品のファイルボックを使って、食器棚の大皿を整理してみました。

大皿を重ねて収納すると、下のものを出すのが大変です。
大皿が取り出しやすいよう、種類ごとに分類して、ファイルボックスへ立てて収納しました。

大皿・ファイルボックス
▲立てて収納すれば、どれでも好きな時にさっと取り出せます。

100円ショップの書類ケースはお皿の重みでゆがみやすいので、強度のある無印良品のファイルボックスがおすすめです。
食器の下に滑り止めシート(100円ショップ)を敷くとお皿同士があたらず、地震対策にもなり安心です。

小皿は、無印良品のアクリル棚を使って平置きしました。
アクリル棚を使えば収納スペースが2倍になります。

食器・アクリル仕切棚
▲無印良品のアクリル仕切棚は透明なので見た目がすっきり。

食器を整理するときは使用頻度を考え、普段使いの食器を取り出しやすい位置に、来客用を上の棚に収納します。
場所が決まったら、大皿は立てて収納、平置きするものは棚を増やすことで、さらに取り出しやすく見た目もきれいです。

今回は無印良品のファイルボックスで、食器棚がすっきりしました。

《今回の活用アイテム》
ポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用(無印良品)1個700円
アクリル仕切棚(無印良品) ※今回はわが家のものを利用